横丁の名探偵

トップ > 横丁の日記


7月23日(日) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■笹沢左保『傷だらけの孤独』 角川文庫 S59.10 初版
 108円。
■笹沢左保『取調室3』 光文社文庫 1999.8 初版
 108円。
■笹沢左保『海の晩鐘』 角川文庫 S58.11 初版
 108円。
■スポーツ・グラフィックナンバー編『ワールドカップ戦記飛翔編1994−2002』 文春文庫 2012.6 1刷
 108円。
■アメリア・レイノルズ・ロング『誰もがポオを読んできた』 論創海外ミステリ 2006.12 初版
 なんだか好みと違いそうなので新刊では見送りました。これも高いけど。1660円。
■ロバート・J・ソウヤー『イリーガル・エイリアン』 ハヤカワ文庫SF 2002.10
 ついついポチっちゃいました。321円+送料。
■マイケル・スレイド『暗黒大陸の悪霊』 文春文庫 2003.10 1刷
 同上。1円+送料。
■ホセ・カルロス・ソモサ『イデアの洞窟』 文藝春秋 2004.7 1刷
 同上。310円+送料。
■アビイ・ペン・ベイカー『冬のさなかに』 創元推理文庫 1996.2 初版
 「謎解きの醍醐味を満喫させる本格長編!」ということで。105円。


7月19日(水) 新説東京地下要塞

 秋庭俊『新説東京地下要塞』読了。サンシャイン六〇には秘密の地下室があるから始まり、例によって東京には巨大な地下空間があるとの話が展開します。地下鉄関連が多く、鉄分の多い人も楽しめるし、明治〜昭和の政治の勉強もできます。シカゴに50年間も一般市民へ秘密にされた地下鉄があったとは。


7月17日(月) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■横田順彌『ヨコジュンの大推理狂時代』 ぺっぷ出版 1990.2 初版
 100円。
■倉知淳『占い師はお昼寝中』 創元推理文庫 2000.7 初版
 108円。
■佐藤信『推計学のすすめ』 ブルーバックス 2012.9 68刷
 300円+税。
■紀田順一郎『古書収集十番勝負』 創元推理文庫 2012.4 3版
 360円から50%オフ+税。
■蒼井上鷹『二枚舌は極楽へ行く』 双葉文庫 2009.3 1刷
 330円から50%オフ+税。

 その後のお買い物。
□ジム・ケリー『凍った夏』 創元推理文庫


7月13日(木) 声優魂

 大塚明夫『声優魂』読了。声優だけはやめておけ。刊行時には上からの物言いが評判になったように記憶してます。でも三百脚の椅子を一万人が取り合っている状況ではシャーないかと。普段演じている役柄にも合っているようだし(笑)。なお私的に大塚明夫さんと言えばベントン先生です。


7月10日(月) 路面電車

 今尾恵介『路面電車』読了。過去、現在(2001年前当時)、海外、そして未来。この16年の間に札幌市電のループ化や富山ライトレールは実現したものの名鉄岐阜市内線は全廃と厳しい状況は続いてます。道路は税金なのに路面電車は独立採算という世界的に見ても異常な事態をなんとかしなければ。


7月9日(日) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■レイ・ハリスン『下院議員の死』 創元推理文庫 1991.9 初版
 108円。
■レイ・ハリスン『デスウォッチ』 創元推理文庫 1992.2 初版
 108円。
■大平貴之『プラネタリウム男』 講談社現代新書 2016.6 1刷
 「世界で最も先鋭的なプラネタリウムを自作した技術者の破天荒な「物語」」。250円。

 その後のお買い物。
□鮎川哲也『鮎川哲也探偵小説選』 論創ミステリ叢書
 てっきり「白の恐怖」を改題したのが「白樺荘事件」だと思ってました。別物だったのですね! 「白樺荘事件」は当然読むとして「白の恐怖」も久しぶりに読もうかなと。


7月7日(金) 東京思い出電車旅

 野村正樹『東京思い出電車旅』読了。半世紀前に写した街と電車の写真。そこをもう一度訪れて同じ構図で写真を撮る散歩の旅。いい年した大人がノスタルジック散歩とは恥ずかしいので奥さんには内緒で。いいな〜、自分もやってみたいなと思ったものの、今まで都内ではほとんど写真を撮ってなかった……。


7月3日(月) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■笹沢左保『悪魔たちの誘拐』 徳間文庫 1999.8 初刷
 108円から20%オフ。
■笹沢左保『裸の家』 徳間文庫 1991.7 初刷
 108円から20%オフ。
■梓林太郎『回想・松本清張』 祥伝社文庫 H21.10 初版
 200円+税。
■山前譲編『山岳迷宮』 光文社文庫 2016.7 初版
 松本清張「遭難」を超える山岳ミステリーは無いと思ってますので、その確認のため。たぶん読まないけど。300円+税。
■ステファーノ・ターニ『やぶれさる探偵』 東京図書 1990.7 1刷
 100円。
■ヨゼフ・シュクヴォレッキー『ノックス師に捧げる10の犯罪』 早川書房 1991.5 初版
 100円。
■笹沢左保『恐怖の終局』 春陽文庫 S51.7 33刷
 100円。
■きたやまおさむ『帰れないヨッパライ』 NHK出版新書 2012.7 1刷
 108円。
■笹沢左保『ガンも自分 いのちを生きる』 徳間文庫 2001.5 初刷
 108円。
■笹沢左保『さらば土曜日の北風』 徳間文庫 1991.5 初刷
 108円。
■笹沢左保『女は月曜日に泣く』 徳間文庫 1986.6 初刷
 108円。
■笹沢左保『絶望といおう道連れ』 集英社文庫 1990.4 27刷
 108円。
■笹沢左保『過去は雨の中に佇む』 角川文庫 S63.1 初版
 108円。

 その後のお買い物。
□喜国雅彦&国樹由香『本格力の目次力と索引力』


横丁の日記(過去)