横丁の名探偵

トップ > 横丁の日記


9月18日(月) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■北上次郎×大森望『読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才〜激闘編』 ロッキング・オン 2008.4 初版
 100円。
■笹沢左保『傷だらけの放浪』 講談社文庫 S57.10 1刷
 100円。
■中村浩美『読んで愉しい旅客機の旅』 光文社新書 2003.9 2刷
 108円
■中村義作・阿邊恵一『間違いさがしパズル傑作選』 ブルーバックス 2005.9 1刷
 108円
■矢野健太郎『数学ふしぎ・ふしぎ』 新潮文庫 S62.9 8刷
 108円
■マイルズ編『人間ジョン・レノン』 シンコー・ミュージック 1994.7 6版
 108円
■びっくりデータ情報部編『【テレビの裏側】打ち明け話』 KAWADE夢文庫 1994.12 初版
 108円
■笹沢左保『魔性の月光』 角川文庫 S62.3 2版
 108円

 その後のお買い物。
□『思い出のバカレコード大全』 オークラ出版


9月17日(日) スペース1999 英9話 宇宙冷凍人間の正体

 スペース1999 英9話(日6話)「宇宙冷凍人間の正体」視聴。何かが飛んできてどこかへ飛んでいくお話。詳細不明。地味と言われるスペース1999ですが、今回はバスタオル1枚や日焼けのためのビキニとか嬉しいシーンも。それにしてもなぜ順番通りに放送してくれないのかな。


9月17日(日) テレビ界てんやわんやのな舞台裏

 謎解きゼミナール編『テレビ界てんやわんやの舞台裏』読了。タモリ倶楽部の美尻はオーディションだとか、プロデューサーとディレクターの違いとか、旧中山道とか、業界用語「ドライ」等等。地デジ前だから登場する多くの番組は終わっているし、又聞き情報ばかりですが、それなりに面白かったです。


9月16日(土) ハヤカワ文庫品切れ状況(2017年7月版)

 『ハヤカワ文庫解説目録』(2017年7月版)を入手しました。
 というわけでまたかと思われるでしょうが、2017年1月版と比べて新たに品切れ、在庫僅少になったHM文庫を調べました。

在庫あり→品切れ

キ-10-1 ワイリー・キャッシュ 約束の道
ク-19-1 マシュー・グイン 解剖迷宮
コ-7-3 ハイ・コンラッド 名探偵はきみだ 推理旅行へGO!
ト-7-1 ゾラン・ドヴェンカー 謝罪代行社〔上〕
ト-7-2 ゾラン・ドヴェンカー 謝罪代行社〔下〕
ハ-29-1 リサ・バランタイン その罪のゆくえ
フ-15-2 リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・バイ・ブラウン 雪の中を走る猫
フ-15-3 リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・バイ・ブラウン かくれんぼが好きな猫
フ-15-4 リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・バイ・ブラウン 森で昼寝する猫
フ-15-5 リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・バイ・ブラウン トランプをめくる猫
フ-15-6 リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・バイ・ブラウン 新聞をくばる猫
フ-15-7 リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・バイ・ブラウン 散歩をこよなく愛する猫
フ-15-8 リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・バイ・ブラウン アルバムをひらく猫
フ-36-1 ポール・フィンチ 調教部屋
フ-37-1 E・R・ブラウン マリワナ・ピープル
ヘ-17-1 サマンサ・ヘイズ ユー・アー・マイン

在庫僅少→引き続き在庫僅少

ク-3-41 エラリイ・クイーン Xの悲劇
ク-3-42 エラリイ・クイーン Yの悲劇
マ-2-1 ロス・マクドナルド ウィチャリー家の女
ル-1-3 ガストン・ルルー オペラ座の怪人
ル-4-3 モーリス・ルブラン 奇岩城
ル-4-4 モーリス・ルブラン 水晶の栓

 品切れ、在庫僅少になった本は早めに入手された方が良いかもしれません。


9月15日(金) 松尾雄治にもらった勇気

 馬場信浩『松尾雄治にもらった勇気』読了。この本が出た2003年当時に書店でほとんどタチ●ミしたので、再読に近いです。その時に買えよ! の突込みは無効になってます。でも何回でも読みたくなる作品。昨年末に釜石V7の試合が放送されましたが、釜石の試合をまた観たくなってきました。


9月13日(水) オーディオA級ライセンス

 長岡鉄男『オーディオA級ライセンス』読了。 マニア向けに書かれた良い音を出すための指南書。CDが登場した翌年1983年発刊なのでソースはレコードプレーヤー、カセットデッキ、チューナーがメインと隔世の感ありですが、レコードが再び注目され始めたものの参考書が少ない今では貴重な一冊かも。


9月11日(月) 証言UWF最後の真実

 前田日明ほか『証言UWF最後の真実』読了。UWF関係者へのインタビュー集。UWFを潰した犯人を捜したけど、証言は食い違っていて……てな感じ。真実はいつも一つ! ではなく、恐らくは全て真実。お茶の間ファン的には毎週テレビ放映があった新日との提携期間が絶頂期でした。

 「ゴッチさんが来日して、道場でコーチしてくれたんだ。そのとき、関節技って面白れえなと思ってね。あれは最小限の力で最大限の効果をあげるという力学だから。俺は工業高校機械科で、応用力学の績は゛5゛だったから、ああいうの得意なんだよ。」(藤原喜明) いいですねえ、このお話。


9月10日(日) スペース1999 英1話 人類の危機!宇宙基地大爆発

 録画しておいた「スペース1999」第1話「人類の危機!宇宙基地大爆発」をようやく視聴。ふむふむ。どこまで観るかは未定ですが、とりあえず第2話は観ましょうか。井上真樹夫さんのナレーションが良いな。


9月10日(日) 思い出のバカレコード大全

 『思い出のバカレコード大全』読了。主に1970、80年代の、こんな歌あったんだ! をセクシャル、アスリート、ツッパリ等5ジャンルに分けて紹介。書店で見かけてこりゃ自分にはド真ん中だと思ったらその通りでした。ジャケットの写真も良いし、ほんとんど知らない知らない歌ばかりだけどレビューが的確で、何とも楽しい本でした。


9月10日(日) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■長岡鉄男『オーディオA級ライセンス』 共同通信社 1983.12 1刷
 400円+税。
■馬場信浩『松尾雄治にもらった勇気』 光文社 2003.12 初版
 300円+税。
■都筑道夫『魔海風雲録』 光文社文庫 2003.11 初版
 単行本初収録作品を含むということで。200円+税。
■浅井建爾『地理クイズ旅行』 中経の文庫 2008.6 1刷
 100円+税。
■高坂知英『ひとり旅の知恵』 中公新書 S53.9 3版
 150円+税。
■探偵小説研究会編著『2002本格ミステリ・ベスト10』 原書房 2001.12 1刷
 250円+税。
■探偵小説研究会編著『2004本格ミステリ・ベスト10』 原書房 2003.12 1刷
 250円+税。

 その後のお買い物。
□メアリー・スチュアート『霧の島のかがり火』 論創海外ミステリ
 『鉄路のオベリスト』はとりあえず見送りました。


9月9日(土) ハヤカワ文庫の21世紀売上ベスト100

 「ハヤカワ文庫の21世紀売上ベスト100」なる小冊子を入手しました。え〜と、既読は……予想通りSF、JA、epi、ノンフィクは全滅。NV3冊、HM7冊、クリスティー3冊でした。


9月7日(木) すごい古書店 変な図書館

 井上理津子『すごい古書店 変な図書館』読了。古書店編ではそのお店で販売中の古書の紹介もあり、こちらも面白かったですね。その多くは著者がお買い求めになったか、高過ぎて手が出ないかのどちらかですが(笑)。知っている古書店はニンマリしたし、行きたい古書店がまたまた増えてしまいました。

 続いて図書館編。たまたま近所に来たから寄ってみる、ではなくある強い目的を持って訪れたい図書館がほとんど。海事図書館では「日本の貿易量の99.7パーセントは船が運んでいる」、消防博物館図書資料室では「火災の原因の第一位は放火」にへ〜〜でした。


9月3日(日) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。1冊だけですが。

■島田荘司『摩天楼の怪人』 創元推理文庫 2009.5 初版
 処分作品の再購入。100円。

 その後のお買い物。
□小泉喜美子『殺さずにはいられない』 中公文庫
□ヘレン・マクロイ『月明かりの男』 創元推理文庫
□井上理津子『すごい古書店 変な図書館』 祥伝社新書


9月1日(金) ロボットアニメビジネス進化論

 五十嵐浩司『ロボットアニメビジネス進化論』読了。ひたすらテレビで観るだけだったのでロボット玩具にこんな深い歴史や物語があったのか! と圧倒されました。超合金、ソフビ、ガンプラ……それだけじゃなく。序章のタイトル「1972 ガッチャマンとマジンガーZ」も良いな〜。


横丁の日記(過去)