横丁の名探偵

トップ > 横丁の日記


1月13日(土) 古本な話題

 例によって古本な話題です。

■星新一『きまぐれフレンドシップ』 新潮文庫
■星新一『きまぐれ暦』 新潮文庫
■星新一『ごたごた気流』 講談社文庫
■笹沢左保『裏切りの構図』 講談社文庫
■辻真先『義経号、北溟を疾る』 徳間文庫
■ローレンス・ブロック『泥棒は図書室で推理する』 ポケミス
■ベン・H・ウィンタース『地上最後の刑事』 ポケミス
■麻倉怜士『オーディオの作法』 ソフトバンク新書
■ルース・レンデル『女を脅した男』 光文社文庫
■笹沢左保『沈黙の追跡者』 角川文庫
■笹沢左保『日暮れて道を急ぐ』 角川文庫
■連城三紀彦『小さな異邦人』 文藝春秋
■荻窪圭『古地図とめぐる東京歴史探訪』 SB新書
■土屋武之『日本と世界の長距離列車』 じっぴコンパクト新書
■米澤穂信『折れた竜骨 上』 創元推理文庫
■米澤穂信『折れた竜骨 下』 創元推理文庫
 処分本を文庫本で再購入。
■井口悦男・生田誠『東京今昔歩く地図帖』 学研ビジュアル新書
■白井智之『東京結合人間』 角川書店
■倉阪鬼一郎『鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号』 講談社ノベルス
■深水黎一郎『トスカの接吻』 講談社ノベルス
■笹沢左保『愛人はやさしく殺せ』 徳間文庫
■森村誠一『夜行列車』 光文社文庫
■森村誠一『日本アルプス殺人事件』 光文社新書
■浜田弘明『東急沿線の不思議と謎』 じっぴコンパクト新書
■吉本佳生・西田宗千佳『「ビットコイン」のからくり』 ブルーバックス
■レイモンド・ベンスン『007/ゼロ・マイナス・テン』 ポケミス
■江戸川乱歩展実行委員会『乱歩の世界』 江戸川乱歩展実行委員会
■宮脇俊三編著『鉄道廃線跡をあるく7』 JTBキャンブックス
■笹沢左保『死の追走』 講談社文庫
■笹沢左保『美貌の影』 徳間文庫
■笹沢左保『ささやかな復讐』 光文社文庫
■ゆうきとも『メンタル・マジックで奇跡を起こす本』 KAWADE夢文庫
■森村誠一『座右の銘』 ハルキ文庫

 年末年始の某古本チェーン20%オフでやや多くなりました。

 その後のお買い物。
□日影丈吉『内部の真実』 創元推理文庫
□青井夏美『あかつき球団事務所へようこそ』 ポプラ文庫


1月10日(水) 暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり

 吉本佳生・西田宗千佳『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』読了。ビックカメラへ行く前のお勉強として。IT&数学はまあまあ、経済学はそれなりに理解できたかどうか。ビットコインが怪しい通貨でないことはわかりました。でもド派手なCMやっている取引所を信用できるかどうかは謎です。


1月8日(月) ヨンサントウから半世紀

 そっかー、今年はヨンサントウからもう半世紀なのですね〜。ブルトレも急行も客車列車も時代の流れに逆らえず。

ヨンサントウから半世紀



1月3日(水) 北海道新幹線

 九州新幹線で新八代〜鹿児島中央が先行開業した際はおいおいと思ったものですが。現在の北海道新幹線の中途半端ぶりを考えると新函館北斗以南よりも先に新函館北斗〜札幌が先行開業した方が良かったのでは、と思う今日この頃。


横丁の日記(過去)