横丁の名探偵

トップ > 横丁の日記


11月20日(月) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■筑波昭『津山三十人殺し』 草思社
■山田風太郎『伊賀の聴恋器』 角川文庫
■山田風太郎『忍法流水抄』 角川文庫
■山田風太郎『柳生忍法帖 下 会津雪地獄篇』 角川文庫
■山田風太郎『忍法忠臣蔵』 角川文庫
■山田風太郎『柳生忍法帖 上 江戸花地獄篇』 角川文庫
■山田風太郎『修羅維新牢』 角川文庫
■山田風太郎『忍法剣士伝』 角川文庫
■山田風太郎『人間臨終図巻3』 徳間文庫
 揃ったと思いきや、元版は全2冊ですが文庫版は3冊でした……。
■テリ・ホルブルック『青い家』 ポケミス
■和久井光司『放送禁止歌 山平和彦の生涯』 河出書房新社

 その後のお買い物。
□本田創・高山英男・吉村生・三土たつお『はじめての暗渠散歩』 ちくま文庫


11月18日(土) 地図と鉄道

 今尾恵介責任編集『地図と鉄道』読了。扇状地やリアス海岸、カルデラなど特異な地形、激変した路線、廃線、未成線、ウソの路線など。今尾さんの本は地図も鉄道も楽しい中、本書はずばり両方。言わずもがなです。今尾さんて蜘蛛を払いながら廃線跡を歩く人だっけ? と思ったらここは別の人の執筆(笑)。


11月15日(水) 阿久悠と松本隆

 中川右介『阿久悠と松本隆』読了。お二人が中心とは言え、1970年代から1980年代にかけての歌謡曲の話で、もろど真ん中世代。登場する曲でプレイリストを作ったらさぞ楽しいかと。阿久悠から松本隆への世代交代の話は別の本でも書かれてたけど、オリコン順位、枚数を挙げられると一目瞭然です。

 松田聖子は「白いパラソル」と「Rock'n Rouge」が2大傑作だと思ってますが、歌っている方も、聴いている何百万の人も「ディンギー」の意味を知らなかったというエピソードは凄過ぎ。もちろん人のことは言えません。


11月12日(日) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■秋庭俊『帝都東京・地下の謎86』 洋泉社
■バーバラ・シャロン『キース・リチャーズ 彼こそローリング・ストーンズ』 ソニーマガジンズ文庫
■西成活裕『とんでもなく役に立つ数学』 角川ソフィア文庫
■江戸川乱歩・大槻ケンヂ『大槻ケンヂが語る江戸川乱歩』 角川文庫
■辻真先『あじあ号、吼えろ!』 徳間文庫
■内田隆三『乱歩と正史』 講談社選書メチエ
■田中啓文『鍋奉行犯科帳 猫と忍者と太閤さん』 集英社文庫
■富澤一誠『青春宿命論』 旺文社文庫
■笹沢左保『白い獣』 角川文庫
■山田風太郎『忍法忠臣蔵』 講談社文庫
■山田風太郎『伊賀忍法帖』 講談社文庫
■山田風太郎『野ざらし忍法帖』 講談社文庫
■山田風太郎『姦の忍法帖』 文春文庫
■山田風太郎『風来忍法帖』 角川文庫
■山田風太郎『くノ一忍法帖』 角川文庫
■山田風太郎『伝馬町から今晩は』 河出文庫
■エリック・ライト『オールド・カントリーの殺人』 HM文庫
■筒井康隆『ロートレック荘事件』 新潮文庫
 処分作品の文庫での再購入。
■ジュリアン・シモンズ『告げ口心臓』 東京創元社

 その後のお買い物。
□石持浅海『賛美せよ、と成功は言った』 祥伝社ノン・ノベル
□三浦俊彦『論理パラドクス・勝ち残り編』 二見文庫
□吉田敬一『この問題解けますか?』 だいわ文庫
□友井羊『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー』 宝島社文庫
□『マイライン東京時刻表2017年11月』 交通新聞社
□香山滋『海鰻荘奇談』 河出文庫
□貴志祐介『ミステリークロック』 角川書店


11月9日(木) 僕はLCCでこんなふうに旅をする

 下川裕治『僕はLCCでこんなふうに旅をする』読了。著者が旅する先はアジア方面が多いのですが、LCCには予約も搭乗もとっても高いハードルがあることがわかります。でも一度その魅力に嵌るともう抜け出られないようですね。落とし穴編、予約の仕方編を読むと無性に乗りたくなってきます。


11月7日(火) 論理パラドクス・勝ち残り編 議論力を鍛える88問

三浦俊彦『論理パラドクス・勝ち残り編 議論力を鍛える88問』読了。この著者の本は『論理パラドクス 論証力を磨く99問』に続いて2冊目。殆どの本で最大素数は存在しない証明法は間違ってるとか、ペンキ塗りのパラドクスとか再び驚愕の嵐でした。とにかく別次元のパズルの世界!


11月4日(土) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■井上真偽『恋と禁忌の述語論理』 講談社ノベルス
■森谷正規『アナログを蘇らせた男』 講談社文庫
■笹沢左保『まぼろしの旅路』 角川文庫
■笹沢左保『愛姦の道』 中公文庫
■笹沢左保『蜜の殺人者』 角川文庫
■ジェームズ・サーバー『SEXは必要か』 新潮社
 著者がジェームズ・サーバーということで(実際にはサーバーは挿絵だけで、文章は別の人の模様)(ZP)で何度か話題になった本。なっかなか買うには勇気が必要ですが、あの石井春生さまもお買い求めを報告されていたので、頑張ってみました。
■金森建生『マンガ昭和史』 教養文庫
■W・リンク/R・ロビンソン『刑事コロンボ ハッサン・サラーの反逆』 サラブレッド・ブックス
■W・リンク/R・ロビンソン『刑事コロンボ 毒のある花』 サラブレッド・ブックス
 おっと、小泉喜美子訳。
■高木茂男『三次元数学パズル』 ブルーバックス
■山田風太郎『人間臨終図巻1』 徳間文庫
■山田風太郎『人間臨終図巻2』 徳間文庫
 本の雑誌(2017年9月)「山田風太郎の10冊」はどうにか集まりました。後は読むだけだ!
■笹沢左保『木枯し紋次郎 上』 光文社文庫
■笹沢左保『木枯し紋次郎 下』 光文社文庫
 本の雑誌(2017年2月)「笹沢左保の10冊」で木枯し紋次郎が選ばれたものの、挙げられたのはこの版でしたので。

 その後のお買い物。
□ジャック・カーリイ『キリング・ゲーム』 文春文庫
□下川裕治『僕はLCCでこんなふうに旅をする』 朝日文庫


11月1日(水) 歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド

 大矢博子『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』読了。一部のミステリー系を除くとほとんど縁のないジャンルながら、例によって語り口の上手さから面白いこと面白いこと。どれもこれも読みたくなります。なお日本史の勉強にもなります。銭形平次が日本史の教科書に登場するかどうかはともかく。


横丁の日記(過去)