横丁の名探偵

トップ > 横丁の日記


5月28日(日) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■青柳宇井郎・赤星政尚『ウルトラ怪獣99の謎』 二見文庫 1994.1 初版
 250円。
■所澤秀樹『鉄道を愉しむ鈍行の旅』 ベスト新書 2010.7 初版
 250円。
■小島英俊『文豪たちの大陸横断鉄道』 新潮新書 2008.9
 250円。
■竹内正浩『写真と地図でめぐる軍都・東京』 NHK出版新書 2015.4 1刷
 250円。
■西寺郷太『ウィ・アー・ザ・ワールド』 NHK出版新書 2015.8 1刷
 250円。
■高城高『微かなる弔鐘』 光文社 S34.4 初版 函欠
 100円。
■逢坂剛『剛爺コーナー』 講談社 2010.3 1刷
 100円。
■横溝正史『探偵小説五十年』 S47.9 1刷 函・帯
 1500円。
■八手三郎・ひおあきら『超電磁ロボコン・バトラーV 1』 サンコミック S51.8 初版
■八手三郎・ひおあきら『超電磁ロボコン・バトラーV 2』 サンコミック S51.12 初版
■八手三郎・ひおあきら『超電磁ロボコン・バトラーV 3』 サンコミック S52.6 初版
 3冊で1000円。
■海老原浩一『新幹線「夢の超特急」の20年』 S59.10 初版
 50円。
■宮松丈夫『路面電車』 コーキ新書 S55.11 初版
 200円+税。
■辻真先『江戸川乱歩の大推理』 光文社文庫 1994.10 初版
 100円+税。
■『吉田拓郎詩集 BANKARA』 角川文庫 S58.12 再販
 300円+税。
■末冨鞆音編『ラガーメン列伝』 文春文庫ビジュアル 1988.11 1刷
 200円+税。
■富澤一誠『フォークが聴きたい 青春のマイ・ソング210曲』 徳間文庫 1999.12 初版
 200円+税。
■今尾恵介『路面電車』 ちくま新書 2003.1 1刷
 100円+税。
■鈴木守『国鉄おもしろ時刻表』 山手書房 S58.8 1刷
 200円+税。
■笹沢左保『多重人格』 徳間文庫 1996.2 初版
 108円から8円オフ。
■笹沢左保『地獄の愛』 双葉文庫 1999.3 1刷
 108円から8円オフ。
■笹沢左保『魔性の誘惑』 徳間文庫 1988.12 13刷
 108円から8円オフ。

 その後のお買い物。
□小川裕夫『路面電車の謎』 イースト新書Q
□加藤佳一『東京路線バスのすべて』 マイナビ
〇THE FOUR TOPS『Greatest Hits』(CD)
 某番組のオープニング&エンディングが実はフォー・トップスだとわかり、慌てて最寄りの●タヤや●ックオフで探したものの見つからず、輸入盤なれどまあこのお値段ならと購入しました。


5月25日(木) ローカル路線バス終点への旅

 加藤佳一『ローカル路線バス終点への旅』読了。日本全国の23路線を乗るだけでなく途中の観光も交えて紹介。1日2、3往復程度と、いつ廃止されてもおかしくない路線も多く、だからこそなおさら惹かれます。館林駅〜バス〜渡し舟〜バス〜熊谷駅と乗り継ぐ経路は機会があれば乗ってみたいものです。


5月23日(火) 路面電車の謎

 小川裕夫『路面電車の謎』読了。誕生と衰退の歴史、全国路面電車の紹介など。美濃部元都知事の最大の失政は都電の廃止だと言われています。もしこんなにも便利な移動手段が現存したらと思うと……。東京の活性化に必要なのは運動会開催ではなく、都電の復活なのでは。もちろん川崎も横浜も他の都市も。


5月21日(日) 東京の鉄道名所さんぼ100

 松本典久『東京の鉄道名所さんぼ100』読了。東京及びその近郊にある鉄道の歴史ある駅、橋、トンネルなどの設備や遺構、記念碑などの紹介。散歩の経路や所要時間も記載されているので、この本とカメラを片手に実際に散歩に出掛けたくなりました。


5月21日(日) 名探偵コナン から紅の恋歌

 『名探偵コナン から紅の恋歌』を観てきました。このシリーズはアドベンチャー重視編の方が出来が良い中、今回はミステリー重視なのになっかなか良かったとか、声優が本職でない方の声は○○(ある白い野菜)に感じたとか、でも一番驚いたのは予告編が短く、本編が開始わずか3分で始まったことだとか。


5月16日(火) 番地の謎

 今尾恵介『番地の謎』読了。地名の本はあるのにどうして住所の本はないんだ、との思いから書かれた本。たかが番地されど番地。大字、小字、筆などなどこれがとても面白いのです!住居表示や平成の大合併で多くの歴史ある地名が消滅しましたが、一旦リセットしてみたらと思います。


5月14日(日) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■マーシャ・マラー『安楽死病棟殺人事件』 徳間文庫 1991.12 初刷
 100円。
■T・H・クック『闇に問いかける男』 文春文庫 2003.7 1刷
 100円。
■スージー鈴木『1984年の歌謡曲』 イースト新書
 660円から10%オフ。

 その後のお買い物。
□甲賀三郎『蟇屋敷の殺人』 河出文庫
□今尾恵介『番地の謎』 光文社知恵の森文庫
□ミステリー文学資料館編『大下宇陀児 楠田匡介』 光文社文庫
□三門優祐『アントニイ・バークリー書評集 Vol.6』


5月7日(日) 昭和アニメソングベスト100

 テリー下沢『昭和アニメソングベスト100』読了。昭和の子供は人として大切なモノをテレビアニメから学んだのに、平成の今は……と嘆く著者が昭和のアニメ100作を選び、主題歌とともにに語ります。プレイリストを用意して当該の主題歌を聴きながらこの本を読むのは誠に至福の時でした。


5月7日(日) 古本な話題

 特に話題もありませんので、古本でも。

■倉阪鬼一郎『五色沼黄緑館藍紫館多重殺人』 講談社ノベルス 2011.9 1刷
 100円。
■国鉄広報部協力『新幹線大研究』 講談社 S57.11 1刷
 100円。
■テリー下沢『昭和アニメソングベスト100』 北辰堂出版 H28.4
 900円。
■日本交通公社時刻表編集部編『あなたも名探偵 時刻表クイズ』 日本交通公社 S61.3 初版
 100円。
■ジョー樋口『ジョー樋口のレフェリーは知っているプロレスのほんとの楽しさ』 ベースボール・マガジン社 1983.6 1版
 100円。
■異魔人『ユーモアトリック』 ワニ文庫 1987.8 初版
 100円。
■西村孝昭『路線バスに乗ってかながわの小さな旅』 かもめ文庫 1991.5 初版
 100円。
■佐野洋『美しい死刑』 講談社文庫 S58.1 1刷
 100円。
■佐野洋『大滑空』 講談社文庫 S58.8 1刷
 100円。
■佐野洋『乾いた肌』 角川文庫 S63.9 初版
 佐野洋文庫3歩前進。100円。
■W・リンク/R・レビンソン『刑事コロンボ 殺人依頼』 二見書房 1999.6 初版
 200円から20%オフ。
■エレナー・アップデール『怪盗紳士モンモランシー』 創元推理文庫 2016.8 初版
 200円。
■エレナー・アップデール『怪盗紳士モンモランシー2』 創元推理文庫 2016.12 初版
 400円。
■夢枕獏『作家の道楽』 KKベストセラーズ 2013.6 初版
 図書館のリサイクル本なので0円。
■『このミステリーがすごい!2017年版』 宝島社 2016.12 1刷
 昨年から新刊購入をやめました。だって読まないし。216円。
■葛山二郎『股から覗く』 探偵クラブ 1992.7 初版
 100円。
■小酒井不木『人工心臓』 探偵クラブ 1994.9 初版
 100円。
■村松武司編『安野光雅』 すばる書房文庫 1977.11 初版
 100円。

 その後のお買い物。
□魔子鬼一『魔子鬼一作品集成 屍島のイブ』 盛林堂ミステリアス文庫


横丁の日記(過去)