横丁の名探偵

トップ > ・・・ > 読書感想文(星詠師の記憶〜)

作品名順索引 あ〜 か〜 さ〜 た〜 な〜 は〜 ま〜 や〜 ら〜  その他
著者名順索引 あ〜 か〜 さ〜 た〜 な〜 は〜 ま〜 や〜 ら〜 


阿津川辰海
星詠師の記憶


 未来の映像を動画として水晶に記録できる星詠師たちのトップが殺され……。特殊な設定も相俟ってとても複雑な話。1回読んだだけで細部まで理解するのは厳しいかも。でも過去の事件と現在の事件の凸凹がうまくぴったり嵌ってますね。未来が見えても良いことない?
2019.07.29


ボリス・アクーニン
リヴァイアサン号殺人事件


 パリで10人を殺害した犯人がリ号に……。日本研究家によるロシアン・ミステリー。一生懸命勉強した日本の知識がご披露されるもののオーソドックスな欧米本格風ミステリー。但し三段式解決編の展開は、えっ、これで終わり? と薄味。
2019.07.27


市川憂人
グラスバードは還らない


 全員退場と911を組み合わせたような設定。とは言ってもこのシリーズだけにそうそう単純な話ではなく。大筋は理解できるものの細かい部分は何が何やら感も。ジェリーフィッシュと青い薔薇が登場するし、数学や物理の勉強にも(なるのか?)。
2019.07.24


島田一男
灰色の終着駅


 神田駅中央線ホームで始まる表題作。障がいを持つ娘に振り回されて、東北のあちこちを巡ることになるのが楽しい設定。例によって海堂班長はモテモテです。他にやや珍しい終わり方の「午前零時東京発」収録。
2019.07.22


ノーマン・ベロウ
十一番目の災い


 偶然が偶然を呼び、追う方も追われる方もちょいとお間抜けで、って戦前日本のスリラー物っぽいです。意外性もあるけど、誰が誰やら感も。シドニーは一度だけ訪れたことがあって、良いイメージを持ってましたが、まさかこんな魔窟だったとは(違)。
2019.07.21


米澤穂信
真実の10メートル手前


 太刀洗万智が活躍する6編、というだけでワクワクドキドキしますね。どの編もささやかすぎる手掛かりを元にした推理は鮮やかすぎですが、やはりあの人たちが登場する「正義感」と「ナイフを失われた思い出の中に」はポイントが高くなります。
2019.07.18


米澤穂信
王とサーカス


 『さよなら妖精』では女子高生だった太刀洗万智が記者となり、ネパールで遭遇する事件。ノンフィクションかと思わせるほど実施に起きた王暗殺事件とは巧みに絡ませているし、重すぎる読後感に目は行きがちだけど、このどんでん返しに唯々感心するしかありません。
2019.07.17


米澤穂信
さよなら妖精


 ユーゴスラビアからやってきた少女。日本について学習し2か月後に帰国するが、その後の運命は? 雨の中でなぜ傘をささないか、墓に供えられた紅白饅頭など日常の謎もあるものの、最後まで読めばそんなこたあ、どうでもよくなります。そんな話。ってどんな話だ?
2019.07.16


レオ・ペルッツ
最後の審判の巨匠


 ある画家が自殺。疑いを抱いた兄も密室で自殺。ここまでが前段で、続いて著者の周りでも同じような事件が相次ぎ、しかも容疑者は著者……。ミステリーとしてはなんとも魅力的な謎の提示。で、その真相は……呆然とするしか……。訳者による懇切丁寧な解説も。
2019.07.15


結城昌治
殺意の軌跡


 関係者の供述のみで話は進む表題作、他4編は男女間のドロドロが引き起こすミステリー。「非業の夜」はサスペンス。「赤い弔花」はドロドロサスペンス。「七人目」はデスノートを思い出すホラー風。ドロドロというか深くて暗い河、実は好きです。

 中公文庫版には「暗い恋人」は収録されてませんので、ご注意ください。

殺意の軌跡
白い仮面
燃えつきた影
七人目
非業の死
闇の中
暗い恋人
赤い弔花
2019.07.13


貴志祐介
鍵のかかった部屋


 カーの某編に熱く挑戦した表題作、某スポ根マンガの某場面を思い出した「歪んだ箱」など榎本径&青砥純子が活躍する全4編。内3編は犯人の正体は明らかという密室に特化した短篇集。でも個人的にはサムターンのような専門用語が登場しない「密室劇場」が好み。
2019.07.12


ルーパート・ペニー
密室殺人


 前半は樅の木荘住人への嫌がらせなど、そして後半でいよいよ本題の殺人という構成。ミステリーにはご法度の恋愛も。読者への挑戦はあるものの、犯人の正体や密室の手法を問わないのはなんともユニーク。でもこの作品、やはり邦題通り、密室で記憶に残る作品です。
2019.07.10


大阪圭吉
死の快走船


 オリジナル短編集5冊から近年の短篇集収録作を除き、単行本未収録作品を加えた、読者にはとっても優しい作品集。

 数値が細かく、これが著者の論理イメージを強くしている気もする表題作、等『死の快走船』から3編。

 オチは透けて見えてくる「慰問文夫人」、なんと鉄道ミステリーの「香水紳士」、としまえんのCMに使ったら如何の「約束」、等『ほがらか夫人』から11編。

 なぜか「カリオストロの城」を思い出した「香水夫人」、その後これは東海道新幹線でも実例ありの「三の字旅行会」、またもや鉄道ミステリーで嬉しい「告知版の謎」、等『香水夫人』から8編。

 壊れた時計が如何にしてある殺人事件を解明する手掛かりになったか。これは予想外の真相だった「唄わぬ時計」、等『人間燈台』から5編。

 夜汽車ってたとえ寝台車でもなかなか眠れないものですな「寝台車事件」、なんと古本屋さんミステリーの「手紙を喰うポスト」、等『仮面の親日』から3編。

 言われりゃその通りだけど、なぜそんな物を?な「塑像」等、単行本未収録8編。他に乱歩、甲賀、権田、鮎川らのエッセイも入った愛蔵版。
2019.07.06


有栖川有栖
絶叫城殺人事件


 本編の謎より二十の扉ゲームの答えの方が気になった(こら!)「黒鳥亭殺人事件」。先日その発案者が明らかになって話題となった「聖地巡礼」をうま〜く取り込んだ「紅雨荘殺人事件」。連続通り魔事件を如何にして本格物に?な表題作。他3編の火村英生活躍譚。
2019.07.03


フレッド・カサック
日曜日は埋葬しない


 警察の取調室から始まるものの起きた事件は明かされず、過去に戻って語られます。常に寒々してておフランス物の面目躍如。『殺人交叉点』の著者だけにどんな結末を用意してくれるのか期待していると……物凄くあっさりですが、なるほど感も。
2019.07.01


長沢樹
消失グラデーション


 高校男女バスケ部の物語。もてもての主人公が羨ましいなあ。以上。ではなくって。誰が屋上から突き落とした? その後は? 多くの読者にお馴染みのあれをうま〜く嵌め込んだなと感心。不自然、ご都合主義もあるけど、終盤の一撃(二撃?)で反則とは判定しません。
2019.06.29


陳舜臣
月をのせた海


 殺人事件、●●トリック、そしてどんでん返し×2といったミステリー的要素だけでは語れない不思議な作品。『獄門島』のような物の憐れとも、『ゼロの焦点』とも違うし。多面性を持っているとしか思えないあの人に読者は幻惑させられたということなのかな?
2019.06.27


ケイト・モートン
秘密


 50年前、なぜ母親は訪ねてきた男を刺し殺したのか? 目撃した長女はその秘密を探りめる……。過去と現在が交互に描かれます。過去の方はロンドン大空襲下での三角関係の物語。冒頭を除けばあまりミステリーっぽくなく、文学作品といった趣も。まあミステリー以外の文学作品はほとんど読まないからよく知らないわけですが。これがなとも読みやく、またたなんとも面白いのですね。さらにホワイダニットの真相が明らかになった時の衝撃は大き過ぎ。絶賛の言葉しか思い浮かびません。大傑作!
2019.06.26


長谷川公之
警視庁物語 魔の伝言板


 駅の伝言板がSNSになっただけで今も昔もと感じる表題作。青森発上野行き列車の郵便車内で強盗事件。発見者は鉄道公安官でも、捜査は(当然)警視庁が行う「魔の最終列車」。他1編。いずれも映画のノベライズだからかスピーディーな展開。
2019.06.25


青崎有吾
図書館の殺人


 現場となる図書館の平面図も示されますが、馴染みの図書館を思い浮かべながら読みました。ダイイング・メッセージにはなんの意味もない、なんて全否定するものの、読者への挑戦はあるし、長めの丁寧な謎解きもあるし、これはクイーンへの対抗意識からでしょうか。登場人物が多いと犯人当てはまあいいいかなと考え勝ち。でもこの作品の場合は(以下略)。
2019.06.22


ジョセフィン・テイ
ロウソクのために一シリングを


 映画女優が溺死体で発見され……。グランド警部にとっては初期の事件。だからか、この作品でのグラント警部はお間抜け感がたっぷり(笑)。もちろん最後に事件を解決しますが、明かされる犯人の正体はともかく、このぶっとんだ動機はいやはや。
2019.06.20


鮎川哲也
鮎川哲也探偵小説選2


 くつみがき三吉君2話、少年探偵鳥羽ひろし君12話、藤巻探偵3話。遠い昔、夢中になってルパン物を読んでいた頃の気分でとても楽しく読めました。おいおい、それは変だよ的な突っ込みもすることなく、どっぷりその世界に浸ることができました。
 そして心もすっかり純真に(笑)。さあ、ご購入されたみなさまはあの頃にトリップしましょう。『3』も楽しみ楽しみ。
2019.06.18


麻耶雄嵩
木製の王子


 胴体が焼却され首だけ残った死体から幕開け。細かすぎて読む気のおきない(笑)アリバイは、他に巨大な謎があるからパスしても大丈夫。ただ木更津君も最後を見届ける真相はあまりに超絶で、果たしてこの作品がミステリーなのか悩むところも。
2019.06.16


マイケル・スレイド
斬首人の復讐


 多すぎる登場人物、引きずる過去の事件、猟奇的事件、面白い、でも痛い、騎馬警察を待ち受ける過酷な運命、等の特徴はこれまで通り。でもこの作品で特筆すべきはあまりの驚愕性! しかも3連発! 凄過ぎます。それにしてもカナダって怖い国ですね(違)。
2019.06.13


小栗虫太郎
法水麟太郎全短篇


 『黒死館殺人事件』で大苦戦しただけに、短篇集はどうかなと案じたものの、どうにかこうにか(当社比)。もちろん麟太郎の説明をちゃんと理解したかできたかは別の話。
 遠い昔に読んだ『黒死館殺人事件』の前段はこういう話だったのかと感慨一杯の「聖アレキセイ寺院の惨劇」。
 麟太郎が戯曲を書き、主役まで務める「オフェリア殺し」。
 『黒死館殺人事件』の犯人がもろネタバレな「潜航艇「鷹の城」」。
 冒険物「国なき人々」。他4篇。
 あちこちの本でばらばら読むより、こうやって1冊でまとめて読むのはこれでこれで有意義かなと。残りは『二十世紀鉄仮面』1篇だっ!
2019.06.07


伊坂幸太郎
ホワイトラビット


 仙台市で起きた籠城事件。なんだか文体は横溝正史『びっくり箱殺人事件』っぽいなと思ったものの、天藤真風味もある、一体どちらへ転がるのか予測不能な展開の痛快ユーモア・ミステリーでした。オリオン座についてあれこれ周りに語りたくなります。
2019.06.05


ポール・アルテ
花売りの少女


 クリスマスイブの夜、トナカイの引く橇が忽然と現れて、空に飛び去っていったという、例によってアルテらしいなんとも不可解極まりない謎をオーウェン・バーンズが安楽椅子探偵で解決。人は死ぬもののファンタジーっぽいし、またルパンの某編を思い出しました。

2019.06.04


ポール・アルテ
金時計


 オーウェン・バーンズが関わることになる90年の雪の上の足跡の事件。一方それとは別に交互に描かれる幻の映画を探す現代の話。こりゃ一体何がどうなっているんだ? と迷宮の世界に誘われました。しっかしこの船、人気ありますね。
2019.06.03


西澤保彦
黄金色の祈り


 中学校の吹奏楽部から始まり、その後の20年程を描く大河物語。そのためミステリー以外の観点でも大いに語りたくなりますが、そちらは置いといて、思わせぶりな描写が多く、読んでいて期待が高まるし、うま〜く騙された感が残ります。経る時代が自分と被り懐かし感も。
2019.06.02


アン・クリーヴス
空の幻像


 ようやく追いついた第6弾は、目撃すると死が訪れる(?)少女の幽霊の物語。皆に動機があるように思わせつつ、知らず知らずのうちに特定の人から目を逸らせてしまう技は毎度のことながらお見事です。
 シェトランドとはすっかりお馴染みになりました。ミステリーにこだわらず、シェトランド譚を読みたい気分。もちろんペレス君のその後や、ウィローさんとの関係も気になります。
2019.05.31


笹沢左保
真夜中の詩人


 幼児2人が誘拐され、やがて殺人も。犯人からの要求がないため、通常の誘拐物とはかなり異質。幼児の母親が独力で事件を追い、複雑な状況が明かされていくものの、種明かしまで全く真相は読めませんでした。ちょいエロ場面もあり、悪魔シリーズファンも楽しめます。
2019.05.28


芦辺拓
グラン・ギニョール城


 古城で起きる事件と森江春策が南海ラピート号の車内で遭遇した毒殺事件が交互に描かれて……。そもそもグラン・ギニョールって『夜歩く』の原型ではなかったっけ? と戸惑いながら読み進めると、いつのまにかあちらとこちらが、って幻惑されっばなしでした。
2019.05.24


J・S・マッカレー
地下鉄サム(鱒書房版)


 遠い昔に読んだ創文版がとても楽しかった記憶があって、今回は鱒書房版で。
 クラドックとの熱い友情の物語「サムのラジオ」。クラドックを誕生パーティーに招待する「サムの誕生日」。結婚する(?)「サムの覚醒」。競馬場でカモにされる「サムの競馬見物」。陪審員に指定された裁判の被告人の罪状はスリだった「サムの陪審員」。弟子を育てる「サムの新弟子」。他9話。
 相変わらずどの編も楽しく読みました。『続・地下鉄サム』もいずれ。
2019.05.23


北國浩二
リバース


 元カノが殺される場面を予知力のある女と見てしまい、歴史を変えるべく奮闘するが……。ところどころ引っかかる所もあったものの、ドンデン返しを繰り返しながらまさかこんな結末が待ち受けていたとは……。文庫版は大幅に改訂されているそうで、元版も読みたくなります。
2019.05.21


乙一
GOTH 番外編


 乙一『GOTH番外編』読了。今回は7年前に少女を殺害した犯人と森野夜ちゃんが遭遇、というかわざわざ会いに行きます。番外編となってるけど、明らかに『GOTH リストカット事件』7番目のお話。あとがきを読むと写真集『GOTH モリノヨル』も欲しくなりますね。ってこれは新種の宣伝かな。
2019.05.20


レジナルド・ヒル
ベウラの頂


 レジナルド・ヒル『ベウラの頂』読了。15年前にダルが解決できなかった少女3人の失踪事件。そして今また新たに……。長いあまりに長い物語。また失踪が事件なのか否かはかなり読み進めないとわかりません。でも大丈夫。ダルの愛人が登場したり、パスコーの娘が入院したり、最後まで楽々読めました。
2019.05.18


恩田陸
象と耳鳴り


 退職判事が主人公ながらほどほどの長さでバラエティに富んだ12編。これがなんとも楽しく、かつて清張や乱歩の短編集を夢中になって読んだ頃を思い出しました。真相があるようなないような、そんな曖昧模糊感もとっても心地よく。ベストは「ニューメキシコの月」。
2019.05.14


乙一
GOTH リストカット事件


 高校生の「僕」と森野夜ちゃんが活躍(暗躍?)する連作6編。表題作は手首を切断して収集するお話。他どの話も異常心理の犯罪で、驚愕もあるものの読んでいて痛く感じました。文庫本上巻あとがきによれば登場する犯人は人間ではなく妖怪とのことで納得。
2019.05.11


オースティン・フリーマン
ニュー・イン三十一番の謎


 奇怪な往診から話は始まります。ほとんどの読者が気が付いちゃうのにソーンダイク博士の助手ジャーヴィス君は五里霧中なまま話は進み、相当焦れったい思いをさせられます。でも大丈夫、終盤での博士による明快な謎解きで満足感一杯。
2019.05.09


松本清張
隠花平原


 最近落ち穂拾いモードで読んでいる清張作品はミステリーかサスペンスか、暫く読まないと判明しない場合が多いですが、この作品では『砂の器』同様、冒頭から死体が登場。安心して読み進められました。探偵役は画家。長髪というだけで職業が画家とわかっちゃう時代。
2019.05.04

 とにかく死ぬ人が多く、途中で何人死んだか、誰が死んだか、わからなくなりました(笑)。真相は意外、というか、強引過ぎ。単行本化されたのが連載から25年後(=著者死去の翌年)というのが全てを語っているかも。
2019.05.05


有栖川有栖
幽霊刑事(デカ)


 上司に射殺された刑事が幽霊となって事件の黒幕を探す……。ガイ・カリンフォード『死後』以来、現実と幽霊の融合が肝ですけど、この作品では苦しい所も隠さず健闘していると思います。動機はやや安易な気もするものの、この設定としては上手くまとめているかと。
2019.04.30


エラリー・クイーン
チェスプレイヤーの密室


 これを大掛かりにした密室トリックに既視感があるものの、これはこれでうまくこの作品には嵌っているように思います。伏線も意外性もそこそこあるし、「クイーン先生推薦!」なる帯付きの本と考えれば……良しとします……か?
2019.04.29


柄刀一
ペガサスと一角獣薬局


 玄関に大きな穴が、の「龍の淵」。扉が溶接された小屋に白骨死体が! の「光る棺の中の白骨」。前者は島田荘司、後者は泡坂妻夫を彷彿させる傑作。他に犯行の痕跡が消えているクイーンorアイリッシュを彷彿させる(シツコい!)「チェスター街の日」など全5編。
2019.04.27


東野圭吾
沈黙のパレード


 2件の殺人事件でいずれも不起訴になった容疑者とその遺族……。湯川教授の推理に従い二転三転四転していく目まぐるしい展開にクラクラ。『沈黙のパレード』の続編ですが、『X』同様、こんな凄い本を読んだよ! と周りに自慢したくなります。
2019.04.25


パトリック・クェンティン
わたしの愛した悪女


 主人公の回りはトラブルを起こしそうな人ばかり。一体誰がなにをやらかすか、不安一杯な中で話が進みます。タイトルはネタばれだけど(笑)、本格&サスペンスが融合している著者ならではの傑作。目まぐるしい展開の解決編はもうちょい長くても。
2019.04.23


石持浅海
不老虫


 日本に潜入したおぞましい寄生虫3匹vs殺しも厭わぬ美人ハンター。ホラーだけでなくもちろんミステリーの仕掛けもあります。不老石は全人類のために是非人道的に研究して欲しいものです。もしあれば、ですが。良いのか悪いのか悩む後味が残る最後の一行も。
2019.04.19


青崎有吾
風ヶ丘五十円玉祭りの謎


 連作短編とおまけで6編。過去2長編はあまりに多くの生徒・職員が登場し、識別しながら読むのは困難を極めましたが、今回は問題なし。学食、祭りなどが舞台のいずれも日常の謎。天馬クンたちにも初めて親しみを持て、これならどんどん読みたいなと。
2019.04.18


トマス・H・クック
闇に問いかける男


 証拠不十分で釈放まで残り12時間。少女殺害容疑の男から自白を引き出せるか? 時計とともに話は進むが……。後味は良くないけど話が収束する様は鮮やかでした。それにしても全てお見通しなのは読者だけ、というのは落ち着きが良いような悪いような。
2019.04.17


阿津川辰海
名探偵は嘘をつかない


 不正疑惑の名探偵を被告とする弾劾裁判……。まあともかく話は複雑で複雑で読むだけで精一杯感たっぷり。こういった超自然的な設定はそれはそれで楽しいけど、読むのに疲れますね。但し真相はとってもすっきりで、ホッとしました。
2019.04.13


ニコラス・ブレイク
死の翌朝


 3人の異母兄弟の内の一人が殺され……。結果的にナイジェル君最後の事件になりましたが、執筆時に著者がそれを意識していたのかどうか。しかし終盤で、えええっ? な展開となり、ナイジェル君にとってはこれが最後の事件となったことが良かったかもしれません。
2019.04.10


今村昌弘
魔眼の匣の殺人


 比留子さん&葉村くん第2弾。これから起きることを予言する老婆と少女……。前作『屍人荘の殺人』ほどの衝撃はないものの、本ミスとしてはこちらが上かと。なんて思うのもこの独特とも言える設定に慣れてきたからかも。誰が犯人か? なんてことは些末なことでした。
2019.04.08


島田荘司
リベルタスの寓話


 中編2編。表題作はミステリーと言うより民族紛争の悲惨さを訴える社会派。他1編は密室殺人を起こせ! と言わんばかりの芭蕉記念会館の構造が全て。ほぼ同じ名前の施設が実在するけど、実際はどうなのやら。しかしこのタイトルは……。潔君の活躍をもっと見たい!
2019.04.07


C・デイリー・キング
海のオベリスト


 豪華客船上での事件。4人の心理学者たちがうそ発見器、心理試験、筆跡などを駆使して事件の解決を試みるが……。なんかもどかしかった展開が、終盤である人物が登場した途端に俄然面白くなりました。本書の売りかもしれな手掛かり索引は……それはそれ。
2019.04.04


殊能将之
鏡の中は日曜日


 14年前に一旦は解決した事件と、その事件を再調査する現在が交互に描かれます。全編罠が仕掛けられていて、コメントするのは厄介千万。作中作が名探偵最後の事件という点で『カササギ殺人事件』を思い浮かべました。動機は……なんだこれ。文庫版は他2編。
2019.03.31


ジョン・ロード
クラヴァートンの謎


 自然死? したクラヴァートンさんが、死の直前に書き直した遺言状の内容が?……てなタイトル通りのお話。多くの人が多少なりとも知識がある筈のあれに、まさかこんな使い方があったのかと、とっても素直に感動しました。誰かに話したくなりますよね。
2019.03.29


大阪圭吉
マレーの虎


 非探偵小説(@芦辺拓)6編+α。鉄道趣味的には当時の雰囲気も感じられる「青春停車場」ですが、軍事下の表題作や「夜明けの甲板」などバラエティに飛んでいて、暗闇に突き進む時代の今となっては貴重な作品群かと。盛林堂書房さんに鉄道本が並んでいるのも納得。
2019.03.28


北村薫
中野のお父さんは謎を解くか


 正解は……解きます! な連作8編。泉鏡花が徳田秋声を殴った「火鉢は飛び越えられたのか」が本書ベストかもですが、常日頃から一番好きな作家として清張を挙げている私的には(って挙げてたっけ?)清張vs荒正人の「水源地はどこか」に吃驚。
2019.03.27


ミネット・ウォルターズ
囁く谺


 ガレージで餓死した浮浪者は家主の元夫なのか、あるいは……。単純な一つ一つの事象に脇道的な事象も組み合わさって壮大な物語になった……のだと思います。←正しく理解できてない可能性あり。多くの記事などを引用しながらの展開はリアル感があります。
2019.03.26


早坂吝
探偵AIのリアル・ディープラーニング


 なぜAIはシマウマを凶器に使うよう指示したのか? 山小屋の密室殺人……本格ミステリーの謎として素晴らしいし、AIの珍妙な解決案は楽しいし……。しかし。この作品、かなり読者を選びますね〜。と感じるのも自分の歳のせいなのか。
2019.03.20


ヘレン・マクロイ
読後焼却のこと


 最後の長編&ウィリング博士最後の事件になったのは下宿人の中に犯人、共犯者、被害者がいる? てなお話。現実の世界なら流石にこのトリックは無理かなと思うものの、探偵小説の中なら全く問題ありません。読後にこの本は燃やし……ちゃいけません。
2019.03.19


深水黎一郎
倒叙の四季


 春夏秋冬、各季節に起きる倒叙物連作。かつて鮎川哲也が提唱したような、どこで犯人は失敗したかを推理する本格物です。そして例によって、プラス1あり。本書を読むと完全犯罪ってとっても大変だから、やっぱり諦めようかなと思います。
2019.03.18


アン・クリーヴス
水の葬送


 衝撃の『青雷の光る秋』から半年。あるネタを追っていた(らしい)新聞記者が殺されるシェトランド第5弾。療養中のペレス警部は復活できるのか? 派遣された女警部との行く末は? てな方向に目が行きがちですが、分厚いミスディレクションにも圧倒されました。
2019.03.16


横山秀夫
ノースライト


 希望の家が出来上がったのになぜか引っ越さない家族……から始まるこのお話。読後感が最高! ミステリーとはやや距離を置きつつ謎がほぐれていく展開も良いし、最初は誰や? だったブルーノ・タウトなる建築家のファンになりました。椅子に座りた〜い。
2019.03.13


セバスチャン・フィツェック
乗客ナンバー23の消失


 5年前に妻子が失踪した船に囮捜査官が、と設定は申し分ないし、展開も期待を裏切りません。終盤の意外また意外な真相は劇場版名探偵コナンの如くかなり強引ですが、これはこれでありかと。豪華客船の雰囲気が感じられないないのは残念。
2019.03.10


麻耶雄嵩
メルカトルと美袋のための殺人


 意外な真相だけでなく黒い結末も楽しみな連作集。ミステリーでこの展開は異例では? な第1話。メルの悪巧みが極まる第3話。メルがタキシード着用の理由が明かされる第4話。二重密室のWHYが強烈な第5話。他3編。
2019.03.07


フレッド・ヴァルガス
彼の個人的な運命


 三聖人シリーズ第3弾。前作『論理は右手に』は読むのに結構苦労しましたが、こちらはスラスラでした。パリでの連続女性残虐事件ながら著者が女性のせいか、ほんわかした雰囲気もあり、一方で時間との勝負でハラハラしたりも。第4弾もお願いします。
2019.03.05


芦辺拓
怪人対名探偵


 567890芦辺拓『怪人対名探偵』読了。現代が舞台ながら遠い昔にわくわくどきどきしながら読んだ『蜘蛛男』や『魔術師』、『吸血鬼』のような物語。現実と虚構の間で振り回されたり、種明かしを読んでも全ての辻褄が合ったのかよく分かりませんけど、乱歩物と考えればそんなことはどうでもよろし。
2019.03.01


クライド・B・クレイスン
チベットから来た男


 チベットに伝わる秘伝書から起きる事件。よくまあチベットについて調べ上げたなという点、さらにはそこからよくまあこんなトリックを捻り出したなという点。両者とも凄いなと。日本がちょくちょく登場しますが、果たして著者は親日家?
2019.02.27


梶龍雄
青春迷路殺人事件


 庭球での旧制一高と三高の乱闘騒ぎから始まる青春ミステリー、なので著者お得意の世界かと思いきや野球ミステリーでもありました(笑)。新橋付近でも牛車が走っている風景はのどかで楽しいものです。意外性はやや控えめかな(著者の他作品比)。
2019.02.26


マイケル・スレイド
暗黒大陸の悪霊


 あまりに長いし、例によってあまりに多すぎる登場人物ながら猟奇的な事件から始まり、クライマックス+最後の一撃まで一気読みです。それにしてもカナダ騎馬警察ってとても過酷な組織! ある設定が泡坂某短編っぽくて面白いです。
2019.02.24


有栖川有栖
朱色の研究


 物凄〜いトリックを使っているわけでもないのに、程よい塩梅のミスディレクションにうま〜く騙されたような。本筋との関係が不明な歴史話や火村先生の秘密の一端も。ここのところ『アンナチュラル』を観ているせいか、火村先生は中堂さんのイメージそのもの。
2019.02.19


アガサ・クリスティー
終りなき夜に生れつく


 若い男女が出会い……不穏な空気はあるものの、そもそもこの作品はミステリーなの? なんて思いつつ眠い目をこすりながら読み進めると……うわぁ、一気に目が覚めました。これはとてつもない大傑作です! ちょい厭ミス系だけど、いやはや。
2019.02.16


平岩弓枝
「御宿かわせみ」ミステリ傑作選


 ミステリー作品もある著者が人情物の中にミステリーも交えた作品の選。「御宿かわせみ」他作品は未読なので多くは語れないものの原作者自らがパロディを書いてみたような趣きも。某名作、海外TVドラマで既視感のあるトリックもご愛嬌。
2019.02.14


ポール・ドハティー
毒杯の囀り


 英国で王位争いをしていた頃の歴史物。首吊りした容疑者が真犯人ではないとすると不可能犯罪に。貧富の格差が半端でないロンドンの描写は読むのは興味深くても実写版があったら観るのは躊躇いそう。黄金期前のようなシンプルなトリックは良い感じ。
2019.02.13


市川憂人
ブルーローズは眠らない


 不可能とされていた青いバラが誕生………。途中ではは〜ん、これは叙述トリックだなとわかる仕組みになってますが、それにしてもよくもまあここに着地させたなあと。なお遺伝子の知識はなくても乗り切れますが、●か○かの知識がないとやや唐突感も。
2019.02.10


エラリー・クイーン
犯罪コーポレーションの冒険


 ラヂオドラマ集第3弾。題だけでハハ〜ンと思っちゃう「暗闇の弾丸の冒険」、私的ベストの「善きサマリア人の冒険」、他パズル度の高いあの手この手の9編。しっかしクイーン警視とヴェリー部長刑事ってなんとも暇人(笑)。
2019.02.08


西澤保彦
人格転位の殺人


 肉体と別の肉体の間で人格だけ転移する設定下での事件。こういった設定に初めて触れたのは宇宙大作戦「変身! カーク船長の危機」ですが、こんな本格&虐殺物になるとは……。肉体名と人格名の羅列は読むのがやや煩雑ですが、答えはずっと目の前にありました。
2019.02.05


カーター・ディクスン
第三の銃弾[完全版]


 なんとも不可能というか不可解な事件。中編版は読んでいたのですが、こんな複雑な話でしたっけ? と驚いたり。←内容をほぼ忘れたことが判明。それにしても。長編をおおざっぱに刈り込んで中編に仕立てたフレデリック・ダネイ君、仕事が雑過ぎ。
2019.02.02


東川篤哉
ここに死体を捨てないでください!


 うっかり人を殺してしまった妹を護るために姉は死体を隠そうと奮闘するが……。事件当時はみんな揃ってワールドカップをテレビ観戦とくれば、はは〜んと思うもののその真相は……ユーモアというよりギャグ一杯の展開に騙されてはいけません。
2019.02.01


レジナルド・ヒル
幻の森


 冒頭でパスコーの死を伝える手紙、そしてダルジール警視の恋愛(笑)も含めた複数の話が交互に進んでいきます。背景にある第一次大戦の悲惨さ、不条理さがずっしり感じられますが、とりあえずは意外な犯人よりも意外な真相を味わいました。
2019.01.31


小泉喜美子
殺人は女の仕事


 真の意味がわかり恐ろしさが増す表題作。最後の3行が可笑しい1話。切ないけどこれで良かったかなの2話。「自分の体験を元にして書いた」に凄みを感じる3話。一番記憶に残りそうな4話。他3編。予算の関係で光文版でなく元々持ってたビッグ・ノヴェルズ版にて。
2019.01.27


グラント・アレン
ヒルダ・ウェード


 看護婦ヒルダが超人的な記憶力や洞察力で事件を解決していく連作……かと思いきやあらよあらよと思わぬ方向へ。『アフリカの百万長者』は好印象だったので嬉しい翻訳でした。内容も期待通り。

 ヒルダは魅力的なお嬢さんではありますが、碓氷優佳っぽいところもあり、お近付きになるのは躊躇いも。最終章はアレン死去によるコナン・ドイル代筆とのことで、もしかしてホームズがゲスト出演もあるかなと期待してましたが、果たして。
2019.01.25


乾くるみ
物件探偵


 不動産取引の闇を不動尊子が暴いていく6話。第1話を読んでてマンション投資も良いなと一瞬思って、でもすぐ思い直したり、瑕疵担保免責、心理的瑕疵など不動産取引についてすっかり詳しくなりました(笑)。『アリバイ崩し承ります』とニッチさも仕上がりも同等かと。
2019.01.21


エドワード・D・ホック
サイモン・アークの事件簿4


 ネッシーみたいな怪物がいかにもな第4話。切り裂きジャックが被害者たちを切り刻んだ目的が解き明かされ、これこそ真相ではと思ってしまった(笑)第5話。高層ビルからの転落死で、おおっと思った第6話。他5編。いいですね〜、どれも。
2019.01.19


青木知己
Y駅発深夜バス


 ここまでよくご都合を揃えたな(絶賛してます)の表題作。「放せ」だけの暗号解読は無理かなの第2話。犯行の機会探しど真ん中の第3話。ホラーな4話。夏樹静子トラベルミス風な5話。なんだかとっても好感を持てる短編集でした。
2019.01.16


F・W・クロフツ
フレンチ警部と紫色の鎌


 今回フレンチ警部は見通しの甘さから大失敗をします。最後は大追跡。ギリシアとエジプトが一緒になったような話(笑)。フレンチの地道な捜査もさることながら奥様や上司の力も大きいですね。現題も元題「入場券売場殺人」もちょっとイマイチだな。
2019.01.15


倉知淳
ドッペルゲンガーの銃


 鍵の密室、遠隔地で同時殺人、雪の密室といずれも結構難易度の高い不可能物。ある編でミステリーではお馴染みの「逆転の発想」が登場しますが、しっかり嵌ってます。探偵役の兄妹は三毛猫ホームズっぽくもあり、名探偵コナンっぽくもあり。
2019.01.12


キャロル・オコンネル
愛おしい骨


 20年前に行方不明になった弟の骨が一つまた一つと届けられる……。複雑な人間関係で話も込み入っていて、でも読みやすかったです。ミステリー的にはどうか、そもそもこれはミステリーなのか、いろいろ考えさせられました。ポーク捜査官が良い味出してます。
2019.01.10


貴志祐介
狐火の家


 一つ目の密室を榎本君が解決後に2つ目の密室という奇妙な展開ながら解決を読んで納得の表題作。人生最悪の体験をした純子さんに花を持たせた第2話。その後の将棋界で起きた事件を暗示したような第3話。他1編。どの編も快調そのもの。
2019.01.07


ウィリアム・L・デアンドリア
ピンク・エンジェル


 ニューヨーク市警本部長時代のルーズベルトが密偵が活躍する歴史物。本格物かと思ってたら話はどんどん逸れてサスペンス&アクション物へ。やや冗長感と真相には取ってつけ感もあるものの、楽しく読めました。
2019.01.05