横丁の名探偵

トップ > 資料集の部屋 > 天藤真の部屋


略歴

 1915年、東京生まれ。ユーモアがある作風は独特である。『大誘拐』で日本推理作家協会賞受賞。1983年死去。

 個人的には『死角に消えた殺人者』は日本のミステリーでベストテンに入ります。


長編作品リスト

作品名 採点 備考
陽気な容疑者たち 1963    
死の内幕 1963    
鈍い球音 1971  
皆殺しパーティ 1972 ☆☆  
殺しへの招待 1973 ☆☆  
わが師はサタン 1975   鷹見緋沙子名義
炎の背景 1976 ☆☆  
死角に消えた殺人者 1976 ☆☆☆  
大誘拐 1978 日本推理作家協会賞
善人たちの夜 1980 ☆☆☆  
日曜日は殺しの日 1984    


短編集作品リスト

作品名 備考
絶命詞 1979  
遠きに目ありて 1981  
犯罪講師 1982  
あたしと真夏とスパイ 1982  
雲の中の証人(角川) 1983 角川文庫版
完全なる離婚 1984  
極楽案内 1985  
日曜探偵 1992  
親友記 2000  
星を拾う男たち 2001  
われら殺人者 2001  
雲の中の証人 2001 創元推理文庫版
背が高くて東大出 2001  
犯罪は二人で 2001  


トピック

著書リスト
作品リスト