横丁の名探偵

トップ > 資料集の部屋 > エラリー・クイーンの部屋


略歴

 フレデリック・ダネイ(1905〜1982)、マンフレッド・リー(19051971)の従兄弟同士による合作。本格派。アンソロジー、評論などの功績も大きい。晩年の作品はほとんどが代作だと言われている。代表作は『Yの悲劇』、「神の灯火」など。


長編作品リスト

作品名 採点 備考
ローマ帽子の謎 1929  
フランス白粉の謎 1930  
オランダ靴の謎 1931 ☆☆  
Xの悲劇 1932 ☆☆☆  
Yの悲劇 1932 ☆☆☆  
ギリシア棺の謎 1932 ☆☆  
エジプト十字架の謎 1932 ☆☆☆  
Zの悲劇 1933 ☆☆  
レーン最後の事件 1933 ☆☆  
アメリカ銃の謎 1933  
シャム双生児の謎 1933  
チャイナ橙の謎 1933  
スペイン岬の謎 1935  
中途の家 1936  
ニッポン樫鳥の謎 1937  
悪魔の報復 1938  
ハートの4 1938    
ドラゴンの歯 1939    
災厄の町 1942 ☆☆  
靴に棲む老婆
生者と死者と
1943  
フォックス家の殺人 1945 ☆☆  
十日間の不思議 1948 ☆☆  
九尾の猫 1949 ☆☆  
ダブル・ダブル 1950    
悪の起源 1951    
帝王死す 1952    
緋文字 1953    
ガラスの村 1954 ☆☆  
クイーン警視自身の事件
(クイーン警部自身の事件)
1956    
最後の一撃 1958    
二百万ドルの死者 1961    
盤面の敵 1963    
第八の日 1964  
三角形の第四辺 1965    
恐怖の研究 1966    
1967    
真鍮の家 1968    
孤独の島 1969    
最後の女 1970    
心地よく秘密めいた場所 1971    
間違いの悲劇 1999