横丁の名探偵

トップ > 資料集の部屋 > 結城昌治の部屋


略歴

 1927年、東京品川生まれ。本名田村幸雄。家業は戸越銀座で米屋を営んでいた。
 仲間に不良が多かったため、中学時代は不良少年だった。内申書の成績が悪く、1945年に中学校を卒業するが、進学できなかった。海軍特別幹部練習生に志願し、採用され同年4月に武山海兵団に入団した。しかし身体検査で肺結核の疑いがあり入団1週間目に帰郷を命ぜられた。1949年に内申書を改ざんすることにより早稲田専門学校法律科に入学。在学中の1948年、東京地方検察局に就職し、厚生課に事務官として配属される。しかし肺結核が発病したため、1949年に早稲田専門学校卒業後清瀬にある国立東京療養所に入所。ここで福永武彦などと出会う。1950年に退所後、同庁に勤務。
 1959年「寒中水泳」で第一回EQMM短編コンテストに1席入選、同年処女長編「ひげのある男たち」を刊行する。
 「夜の終わる時」(1963)で第17回日本推理作家協会賞を、「軍旗はためく下に」(1970)で直木賞を、「終着駅」(1983〜)で吉川英治賞を受賞。
 1996年、呼吸不全で死去。


長編作品リスト

作品名 文庫 採点 備考
ひげのある男たち 1959 講徳 ☆☆  
長い長い眠り 1960 ☆☆  
罠の中 1961  
隠花植物 1961  
死者におくる花束はない 1961  
仲のいい死体 1961 ☆☆  
ゴメスの名はゴメス 1962 角中 ☆☆  
夜の終る時 1963 角中双 ☆☆ 日本推理作家協会賞
夜は死の匂い 1964  
幻の殺意
幻影の絆
1964  
裏切りの明日
1965  
暗い落日 1965 角講  
白昼堂々 1966 角講 ☆☆☆  
死の報酬 1966  
公園には誰もいない 1967  
夜の追跡者 1967  
春の悲歌 1968 対象外  
炎の終り 1968 角講  
不良少年 1970  
虫たちの墓 1971 対象外  
魚たちと眠れ 1971  
斬に処す 1972 角小    
見知らぬ自分 1972  
赤い霧 1974  
遠い旋律 1978  
真夜中の男 1978  
死者と栄光への挽歌 1980  
逆流 1981  
世界でいちばん優秀なスパイ 1982?  
花ことばは沈黙 1983  
終着駅 1983 ☆☆  
エリ子、十六歳の夏 1988 ☆☆  


短編集、連作短編集リスト

作品名 文庫 採点 備考
天上縊死 1961 ☆☆  
まむしの家 1962    
葬式紳士 1962 (角)    
没落 1962    
犯罪墓地 1962    
あるフィルムの背景 1963 (角) 単行本と文庫本は収録作が大きく異なる。
死体置場は空の下 1963 ☆☆  
風変りな夜 1964  
女の檻 1966      
ハードボイルド夜
死んだ夜明けに
1970  
軍旗はためく下に 1970 講中 対象外 直木賞
夜に追われて 1970    
童話の時代 1970  
憎悪の鎖 1970    
影の歳月 1972    
死者たちの夜 1973    
殺意の軌跡 1973    
喪中につき 1975    
始末屋卯三郎暗闇草紙 1976    
自選傑作短編集
汚れた刑事
1976    
噛む女 1978    
刑事 1978    
仕立屋銀次隠し台帳 1978    
噂の女 1979    
犯罪者たちの夜 1979  
泥棒 1980    
温情判事 1981    
犯行以後 1981    
影の殺意 1981    
風の報酬 1981    
目撃者 1981    
魔性の香り 1982    
振られた刑事 1983  
森の石松が殺された夜 1988    
怖い話と短い話 1988    
偽名 1989    
修羅の匂い 1990    
エンドレス
指揮者
1991    
決着 1993    
出来事 1994  
泥棒たちの昼休み 1996 ☆☆  


ジュブナイル

作品名 文庫 採点 備考
ものぐさ太郎の恋と冒険 1973    

 文庫本がほとんどの結城作品を網羅していますので、これから読もうという方はまず文庫本を集めることから始められるのがよいかと思います。(但し、一部の文庫本はハードカバー本より入手困難。)
 というわけで、文庫欄を設けました。

角:角川文庫、ケ:ケイブンシャ文庫、講:講談社文庫、集:集英社文庫、新:新潮文庫、少:新潮社少年文庫、中:中公文庫、徳:徳間文庫、双:双葉文庫
小:小学館文庫


トピック

著書リスト
作品リスト